島本浩也

2017/11/20

2009年7月11日、試合に向かう柳ヶ浦高等学校の野球部員を乗せたバスが高速道路で横転事故を起こし、当時2年生だった生徒が死亡するという痛ましい事故が起こりました。亡くなった生徒は中学時代に島本とバッテリーを組んでいた捕手で、家族ぐるみの付き合いをしていたそうです。(テレビ番組での企画ですが)その母親が育成ながらプロ入りする島本へ息子の分も頑張って欲しいという内容の手紙を送っていたのを見てしまった私は人知れず島本を応援していたものです。

そんな島本。昨年才能が開花したのか150kmに迫るストレートを投げ出し、そのイキの良さを見込まれての支配下登録となりました。それだけでも凄いことなのですが(育成が支配下登録されるという事は1軍の戦力になりうると判断された事なので)、なんと1軍キャンプに抜擢され、しかも結果を残し続けているのです。

投球フォームはヤクルトの石川みたいな感じですが(島本もそれほど身体に恵まれたというタイプではありませんし)、技巧派というよりは本格派左腕で、全体的に荒削りながら強い腕の振りからの力のあるストレートにシュートとスライダーが持ち味。先発として試合を纏めていくというよりは1人1人全力投球で打者を圧倒していくタイプで、先日のDeNAとのオープン戦でも終盤左のワンポイントとして登板されたことからも首脳陣の期待が覗えます。

巨人の山口や日ハムの宮西のようなクローザーとしても通用するような強力な左の中継ぎはどのチームも喉から手が出るほど欲しい存在。残念ながらFAでの宮西獲得は失敗に終わり、小嶋や筒井・藤原の中継ぎ左腕としての育成も失敗に終わりそうな現状のタイガース。近年は戦力外やトレードで獲得した加藤や高宮で何とかやりくりはしましたが、ここのイキの良い若手がハマれば言うこと無しでしょう。

そういえば山口だってもともとは育成から這い上がった選手。第2の山口を目指して島本には是非とも頑張って貰いましょう。