※この記事を参考にしてWin7→Win10のアップデートに失敗しても責任は負いかねます。自己責任でよろしく。

2015/07/29にWindows10への無償アップグレードが始まりました。

isoファイルも公開されていたので、私はisoをダウンロード

そしてインストール開始・・・

Win10

が!だめ!!

ダウンロード

「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」 と表示され、インストールが進まない。

原因はWindows7インストール時に作成されている、システム領域が100MBであったこと。

Windows10ではシステム領域に必要な容量が100MBを超えるのであろう。Windows8の場合は350MB必要だそうです。

なので、システム領域を1024MBへ拡張しました。 ※後でクリーンインストールしたんですが、自動で500MBのシステム領域が作成された。500MBちょいあれば問題なさそう。

無題

どうやって拡張したか?

EaseUS Partition Masterというソフトで拡張しました。

で、拡張後、この画面まで進むことができた。レッツインストール!!

2

で、この後はインストールが普通に完了したんですが。

Win10で何かとエラーが出たり、WindowsUpdateに失敗したり、最後には起動してログイン画面に行く前に再起動続けたりと、どうしようもない状態に・・・

Win7へ復元は簡単にできるので、Win7へ戻って再度Win10にするも同じ状況になる・・・

・・・・で!結局クリーンインストールしました。

Win7→Win10→Win10(クリーンインストール)みたいな具合に。

Windows 10をクリーンインストールするには、まず無償アップグレードを行って自動オンライン認証をする必要があります。 先に無償アップグレードしておくことで、通常Windows 10のクリーンインストール時に入力が必要となるプロダクトキーの入力を省略できるのです。

※いろんなサイトにいろんな情報が載っているので、Win7のバックアップはとっておいたほうが良いです。特にパーティションいじったりする場合は失敗がつきものですしね。私が参考にした記事はいつの間にやら探せなくなってしまいました。いろんな人が記事をガンガン投稿してるせいでしょうか・・・

この記事を書き終わるころには下記の方の内容が参考になるかなとおもいました。

http://jmatsuzaki.com/archives/15744